オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
整形外科もある病院の薬とそのカラ

家族と相談

ヘルニアになったことで、すっかり冷え性になってしまうと体内の血行が良くならないので、風邪をひきやすくなったりだるくなったりします。
そのために、ヘルニアとはどういう病気でどんな治療法があるのかをよく理解しておくことが健康につながります。
このように、ヘルニアは冷え性と切っても切れない深い関係にあるので、整形外科で治療計画を相談して早めに対処しておくと長い人生を健康に送ることができます。
その意味では、ヘルニアや冷え性を恥ずかしい病気と思わないで思い切って人に打ち明け、家族と相談して整形外科での治療に前向きになれると良いです。
同じ病気で悩む患者さんにも良い影響を与え、励ましになります。

整形外科もある病院のベッド

ヘルニアの治療

ヘルニアの治療は勇気が要ります。
そのままにしておくと、冷え性体質になることがほとんどです。
そのために、一生快適な生活を望んでいるのなら整形外科で治療してもらう必要があります。
ヘルニアは人によっては、恥ずかしい部位の病気であり、医師に診てもらうのをためらうという人がいます。

症状によっては命にすぐにかかわる病気ではないのですが、痛みを感じないのなら放置しておくという気持ちになるのも無理はありません。
大切なことは、仕事や学業など日常生活に支障があるかどうかです。
長い間、ヘルニアのことで悩み続けていると精神的に前向きになりにくいようです。
その場合は、整形外科でメンタルケアの仕方も教えてもらい家族の協力が必要になります。

整形外科もある病院の機械

整形外科受診の効果

若いころに無理をしても数日筋肉痛になるだけで大抵の痛みや疲れは治りましたが、年をとるごとに、腰がいたい、肩がこる、節々が痛いなど体調の良い日の方が少なく感じる人も多いと思います。
冬は寒く縮こまりながら仕事をしたり、夏は暑いからとガンガン冷房をきかせたりとあまり体に優しい行動をしている人も少ないはずです。
多くの人が悩んでいる腰痛は冷え性からくるケースもあります。

体が冷えると全身の血液の循環が悪くなり、筋肉が疲労し腰痛が起こりやすくなります。
冷え性の方はもちろん、暑いからと言って冷房をかけすぎるのは危険すぎます。
しかし、冷え性だからと自己流に温めたり、痛くなった状態を放っておくのもよくないので、痛みの原因を知るために整形外科の受診が必要になります。
テレビで腰痛の特集をしてると、腰椎椎間板ヘルニアという病名をきいたことがあると思います。

ヘルニアは腰の痛みや足のしびれなどの症状がでます。
痛くて歩けないという人もいるほどの痛さもあり整形外科を救急車で受診する方もいます。
整形外科で腰痛の原因を調べるにはレントゲンやMRIの検査が必要になります。
もし、ヘルニアと診断されたら、コルセットをつけたり、内服や座薬の処方、炎症を抑える注射等の治療を行います。

場合によっては手術も必要になります。
ヘルニアは若い人がなりやすいので、若さを過信せず早めに整形外科へ受診する必要があります。
冷え性の方は意識して対策している場合が多いですが、昔から冷えは万病の元といいます。
年代や性別関係なく体をいたわることが大切です。